【5】スマホ用語辞典(格安スマホ(SIM)/MVNO)

こんにちは。

大阪市東住吉区 シニア スマホ教室 出張レッスン 購入サポート スマホシッター松本です。


スマホに関する用語を学びます。

学びたい単語がありましたら、メッセージお待ちしております(#^▽^#)

今では当たり前のように色んなところで耳にする【格安スマホ(SIM)】

弊社のサービスでもあり、『格安スマホ購入サポートします!!!』と掲げています。


「あーー、格安スマホね!やっぱあれはえぇよね(°▽°)」と会話しながら

でも、実のところ「格安スマホって何やろう?」「普通のスマホと何が違うん?」と

思ってる方はまだまだおわれるのでは?


【格安スマホ】についてご説明します。

格安って名前だけに、毎月の料金が、auやdocomo、Softbankの大手キャリアのスマホよりも

ぐんっと安くなっています。

格安スマホと合せて「MVNO」の文字を見たこともあるのではないでしょうか。


MVNOとは、au,docomo,ソフトバンクが立てたアンテナを借りて、格安スマホ(SIM)サービスを提供する事業者のことです。


大手キャリアは、たくさんのアンテナを立てたり、コールセンターを置いたり

店舗を隅々に配置するため、人件費や店舗、また独自のサービスなどコストがかかっているので、

その分、お客様への販売価格(月額料金)が高くなってしまうのです。


これは致し方ないと思いながらも、やはり使う側としては、「毎月の通信費を抑えたいな」と思うのが正直な気持ちですよね。


そこで、新しいサービスが世に誕生したのが、【格安スマホ(SIM)】です。

格安スマホは、大手キャリアと違い、独自の通信設備を持たず、大手キャリアの通信設備を

「ちょっと使わして♪」と借りているのです。

さらに、店舗を持たず、ネット販売が主流になっています。

人件費や店舗費用様々なコストを極力かげず、お客様への販売価格(月額料金)を安く抑えているのです。


格安スマホ/格安SIMは、だいたい同じ意味です。

SIMだけを契約して、スマホ本体は別のところで購入したり、元々持っている端末(機種による)を流用することもできますし、SIMと同時にスマホも分割や一括で購入することができます。


最近では、楽天モバイルが独自の通信設備を確立させたり、UQモバイルがauと一緒になったり、

大手キャリアが新サービスの格安プランを発表し、格安スマホと似たようなサービス提供も話題になっています。


『格安ってうたってるからとりあえずやってみるか』と全員が全員格安スマホに合っているかどうかは限りません。

その人によって、大手キャリアか格安スマホか最適なサービスが違います。


自身に適したサービスがわからない方は、ご相談くださいね。


【格安スマホ(SIM)】は、コストをかけない分、安く提供しているんやな。と覚えてください。


もっと詳しく知りたい、格安スマホってどんな種類があるの?と興味のある方は、

ご連絡お待ちしております。



大阪市東住吉区 シニア スマホ教室 出張レッスン 購入サポート スマホシッター松本でした。

閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示