LINEトークの削除と送信取消の違い

更新日:2021年11月26日

こんにちは。

大阪市東住吉区 シニア スマホ教室 出張レッスン 購入サポート スマホシッター松本です。

LINEでのやりとりが当たり前になっている今日この頃。

メールが主流だった時代もそうですが、誤送信ってたまにやっちゃいますよね。


旦那に送るラブラブトークをまさかの子どもに送ってしまい顔面蒼白

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン


送り先を間違えたり、文章を打っている最中に送ってしまうこともしばしば・・・

これがメールなら、送ったら最後(°O°;)

もう消したくても消せません(汗)


でも、LINEだと送った内容をなかったことにできるのです!!!!!


これはほんまに助かります(´д`;)


間違って送ったとしても、既読される前に「送信取消」をすれば、送った内容が

なかったことにできます。

取消したこと自体は相手のトークでも表示されますが、内容を見られることはありません。

ちなみに、既読されてからでも送信取消は可能です。


ここで1つ注意しないといけないのは「送信取消」とは別に「削除」があります。

「削除」はあくまでも、自身のスマホ側だけが削除されるだけで、相手側は削除されません。

最近目にしたのは、明らか誤送信だと気づいたので、

相手に「送り先間違えてるよ!消してな!」と伝えたところ、中々送信取消にならないので

再度「消さなくていいの?」と聞くと「え、消したんやけど!?」と言われ、

よくよく話を聞いてみると「削除」していたようです。


もう削除したらお手上げです。


自身のスマホ側で削除しても、相手側は消えていないので、自身ではもうどうもできません。

相手側でも削除してもらうかそのまま諦めるか、、ということになってしまうので、

誤送信した場合でも慌てずに、「送信取消」をするようにしてくださいね!


「送信取消」や「削除」のメニューを出す方法は、消したい文章の上で、

指で長押しをすると、メニューが出てきますので、そこから選んでください。

なお、相手側のバージョンによっては、送信取消できない場合があるようです。

もうその時は、お相手さんにごめんなさいです。笑


操作がわからなければ、ご連絡お待ちしております♪♪



大阪市東住吉区 シニア スマホ教室 出張レッスン 購入サポート スマホシッター松本でした。

閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示