top of page

ショートメッセージとプラスメッセージの違いって?

大阪市東住吉区 シニア スマホ教室 出張レッスン 購入サポート スマホシッター松本です。


スマホに関する用語を学びます。

学びたい単語がありましたら、メッセージお待ちしております(#^▽^#)

最近のAndroidスマートフォンで見かけるようになった「+メッセージ」アプリ

大手携帯会社3社で共通になったアプリです。

「+メッセージ」アプリは、電話番号同士で送れるショートメッセージのアプリです。


従来のショートメッセージからパワーアップしたのが「+メッセージ」アプリです。


これは、新しい通信規格が導入されたからです。

それが、、、


RCS(アールシーエス)規格・・・

リッチ コミュニケーション サービス(Rich Communication Service)です。


文字や画像などのメッセージを交換できる通信の種類のことです。


この通信規格を導入することにより、SMS(ショートメッセージ)がパワーアップしたのです。

従来のショートメッセージ(【16】スマホ用語辞典(SMS))は、

・限られた文字数

・テキスト(文字)のみ

・受信料は無料

・送信料は文字数ごとに変動する(3円~/回)


でしたが、

「+メッセージ」同士のショートメッセージでは、

・最大全角2,730文字(8MB)

・画像やファイル、動画、音声ファイルなどが送れる(100MB)

・送受信料は、パケット通信料(通信定額)に含まれる


ように、なったのですw(@口@)wワォ

電話番号同士で、文字だけじゃなく画像やファイルも送れるようになったんです。


相手の方が、「+メッセージ」アプリを使われていない場合は、「+メッセージ」アプリを利用しても

従来のショートメッセージ(SMS)の条件となります。


ショートメッセージと言えば、同じ携帯電話会社同士の電話番号からしか文字を送れなかったのが、他社の電話番号へも送れるようになった時は、感動しましたが、今は文字だけじゃなく、

電話番号で画像やファイルなども送れるようになったんですね。

すごい時代です(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン


RCS規格とは、何か難しいけど、電話番号で画像やファイルが送れる通信の種類なんやなと覚えてください。



大阪市東住吉区 シニア スマホ教室 出張レッスン 購入サポート スマホシッター松本でした。

閲覧数:16回0件のコメント