【17】スマホ用語辞典(QRコード)

大阪市東住吉区 シニア スマホ教室 出張レッスン 購入サポート スマホシッター松本です。


スマホに関する用語を学びます。

学びたい単語がありましたら、メッセージお待ちしております(#^▽^#)

色んなところで使われている「QRコード」

見たことがない人はいないんじゃないかってぐらいに、色んなところで見かけますね。


では、見慣れてるけど詳しくはあまり知られていない「QRコード」を学びましょう♪


【QRコード】・・・Quick Response(クイック レスポンス)の頭文字をとってQR(キューアール)と読みます。

迅速な対応、素早く読み取る・反応するという意味です。

二次元コードとも呼ばれています。


バーコードとの違いは、バーコードは、数字やアルファベットをコード化したもので、必要最低限の情報だけをコード化します。

様々な縦線が横に並んでいるので、一次元コードとも呼ばれています。


一方、QRコードは、たくさんの情報をコード化することができます。

URLアドレス、画像や音楽、漢字、英数字などなど文字数や容量は決まっていますが、

色んな情報をコード化することができます。


QRコードは個人でも作成することができるんですよ♪


インターネットで『QRコード作成』と検索すれば、すぐに作れます♪


例えば、名刺にQRコードを載せておけば、ホームページをすぐに見てもらえたり、そのままスマホの電話帳に名前や電話番号を登録することもできます。

手入力しなくても、名刺読み込みアプリがなくてもQRコードで簡単登録できるのです。

便利な世の中ですね(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡


QRコードの読み取り方は、カメラアプリや、QRコードアプリを開いてスマホをかざすだけ♪

とっても簡単です!


【QRコード】は、情報を素早く読み取れるコードと覚えてください。



大阪市東住吉区 シニア スマホ教室 出張レッスン 購入サポート スマホシッター松本でした。

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示