【豆知識】格安スマホの通話専用アプリ

大阪市東住吉区 シニア スマホ教室 出張レッスン 購入サポート スマホシッター松本です。

格安スマホ(MVNO)会社によっては、通話をする際に「通話専用アプリを使って電話してね」

説明があり、通話専用アプリを使って電話をされていると思います。


代表的なところでいうと、

・イオンモバイル「イオンでんわ」

・BIGLOBEモバイル「BIGLOBEでんわ」

・mineo「mineoでんわ」


などなど、格安スマホ会社によって、独自専用アプリを使って通話するようになっています。


これは、【プレフィックス番号】を自動付加して、電話発信をしています。


プレフィックス番号とは、prefix(プレフィックス)・・・接頭語という意味で、文字列の先頭に付与する文字列のことです。


例えば、通話専用アプリを使って、スマホシッター(06-6702-7781)へ電話をかけるとします。

「イオンでんわ」アプリで発信の際に、自動的に知らぬ間に、(0037691)06-6702-7781で発信されるのです。

こちらへかかってきた時も、プレフィックス番号(0037691)が付加されていることはわからないの

で、電話帳に登録している名前で、きちんと表示されます。


プレフィックス番号は、格安スマホ会社によって、先頭に付加される番号は異なります。

また、格安スマホ会社によって、プレフィックス番号が使われたり、IP電話など

通話方式は様々です。


そして、なぜ、プレフィックス番号を付加して通話するかというと、通話料金が安くなるからです。

スマートフォンの標準通話アプリで発信すると、22円/30秒の料金が発生しますが、

格安スマホ会社の独自専用アプリから発信すると、11円(または10円)/30秒になります。


プレフィックス型通話サービスを提供している格安スマホの通話専用アプリは、

「プレフィックス番号」を自動付加するためのアプリなのです。


格安スマホ会社によって、通話オプションプランはさまざまです。

・通話専用アプリを使って発信すると無料ですよー

・通話専用アプリを使って発信すると定額で通話し放題ですよー

・通話専用アプリは不要になりました、スマートフォン標準通話アプリで通話定額ですよー


などなど、たっくさんの格安スマホ会社があって、たっくさんの通話サービスが展開されています。


使う側が特に何かをしないといけないって訳ではありませんが、通話専用アプリから発信できない番号があるので、通話専用アプリとスマートフォン標準通話アプリの使い分けは必須です。

特に、緊急電話の3桁の番号が発信できない場合がありますので、通話専用アプリをご利用される場合は、事前に確認された方がいいかと思います。


格安スマホを検討されている方は、お気軽にご相談ください♪

お見積りやご提案、ご納得されるまで説明します♪♪



大阪市東住吉区 シニア スマホ教室 出張レッスン 購入サポート スマホシッター松本でした。

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示