『LINE out』で通話を楽しんでみてください


『LINE out』機能はご存じですか?


LINEアプリを通して、国内・国外の固定電話や携帯電話へ通話発信できるサービスです。


それも、む・りょ・うです(* ´艸`)

無料という響きにすぐ反応します。


先日のKDDIの障害のように、電話が使えないけど、WiFiでインターネットにはつながっているという時にも使えます♪


LINE out free(フリー)の通話無料を利用するには、条件があります。

・LINEアプリで携帯電話番号で認証が必要(固定電話での認証は不可)

広告を30秒みてから、

・1日の発信回数は5回まで

・日本国内であれば、固定電話へ発信は3分/回、携帯電話へ発信は2分/回

・警察・消防・救急の緊急機関やその他発信できない国や番号があります


何がすごいって、電話をかける相手は、LINEを使ってなくても受けることができるんです。

※ただし、国内の場合に限ります

そして、国ごとに発信回数や通話時間が異なります。

参考にこちら通話料金一覧です↓

https://line.me/ja/call/price-table


ほとんどの方は、通話定額やLINE通話を使いこなしておられると思いますが、

例えば、通話定額を利用されていない方、国外へ発信される場合、

または海外先から日本へ発信する際に、うまく使いこなせると、便利だと思います。


デメリットといえば、発信前に必ず広告30秒見ないと発信画面に進まない。

LINE outで発信して、相手にかかった際に、Androidスマートフォンは「不明」と表示され、

iPhoneだと「非通知」と表示される場合があります。

発信者の表示の変更はできず、受ける側の端末によります。

「不明」や「非通知」と表示された場合は、折り返しができなかったり、電話に出るのを躊躇してしまうということはありますね。。


LINE outは、有料プランもあり、有料プランでご利用されると、広告視聴は不要です。

国外への通話料が多い方には、結構お得なプランですよ♪

有料プランは参考にこちらを参照ください↓

https://line.me/ja/call/paid_calls


例えば、アメリカへの発信の場合、

au携帯電話(スマートフォン)から国際電話:9円/分

LINE out:(無料プラン)0円/回、(有料プラン)1円/分

※条件や制限はあります



『LINE out』をご利用される前に、少し設定が必要です。


LINEを開き、左下部「ホーム」→右上部「設定(歯車マーク)」→

1.「通話」を押す→一番下の「通話/ニュースタブ表示」を押して、「通話」にチェックを入れる


2つ前の「設定」の画面に戻り、


2.「LINE out」を押す→LINE outをオンにするか聞かれるので、「オン」にしてください

※はじめのご利用の際に、電話番号を認証するよう求められる場合があります。


設定が終わると、LINE VOOMの隣が「ニュース」から「通話」タブへ変わります。


↓「通話」タブを押すと、通話履歴が表示されます






←画面上部の「人マーク」が電話帳です。




←1日の通話できる回数が表示されます。















↓電話帳は、端末の電話帳とLINE友だちの一覧が合体して表示され、相手を検索できます。


























↓直接、電話番号を入力することもできます


























先日もお客様と「こんなこともできるんですよ~」と、LINE outを試して遊んでみました((´∀`))


【LINE】アプリを使って、色んなサービスが増えているので、こういったこともできるんやなーと

知っていただければと思います♪


試してみたいけど、操作がわからない!という方、お気軽にお問合せください。



大阪市東住吉区 シニア スマホ教室 出張レッスン 購入サポート スマホシッター松本でした。

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示